こころ花のビタミン絵・美・詞

自然の美しさも、造形作品の美しさも、人間の心を安らかに慰め、洗い清め、励まし力づけてくれる親しさがあります。だからこそ人間は美にあこがれ美を愛するのでしょうか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

豊かな日々

なにげないふだんの生活の中、季節の移り
変わりに自分の気持ちを重ねていくことで、
日々は豊かになります


                          「くらし歳時記」 広田 千悦子





2010-12 041

「蕪村の句」 短冊 梶原  嫦人
    埋火や 春に滅ゆく 夜やいくつ






2010-12 040

金銀彩小倉百人一首水指 (陶芸)  八塔亭 二寧   H18.8×W18.4








2010-12 039

油画 「コンポジジョン」  羽生 出    65.2×100







「春待月」
久保田万太郎は「10月はべったら市、11月は酉の市、12月は年の市」と語っている。
東京びとが心に持っている10月以降に立つ市を、数え上げたものである。
万太郎のような下町の住人には、こういう市の立つ日は心待ちにされたのであろう。
年の市は大方、12月下旬が多いが、17、18日、浅草の観音市が有名である。
浅草寺境内の羽子板市は、江戸の趣を伝える浅草の華やかな風物詩である。
羽子板は昔から「邪気を跳ね返す板」として魔除けのお守りとされ、女の子が幸せに育つ
ようにとの願いを込めて飾ったりする新年の縁起物。
その起源は室町時代にさかのぼるといわれている。浅草寺の羽子板市は江戸時代に始まる。
値段は高価なものからお手頃迄さまざまで、売買が折り合えば、めでたく3本締め。
威勢のいい手締めが寒空に響き渡って年の瀬は暮れていく。

  埋火や 春に減ゆく 夜やいくつ  (与謝蕪村)

埋火とは灰の中にうめた炭のこと。いけ火・いけ炭・うずみとも言う。
うずむの語源は、アツム(聚)の転声、上に土をツム(積)か、ウツメ(空目)の転、
渦からでた詞、ツを略してウムとも言う、と種々の説が古くからある。
民家での炉の火種を絶やさないための埋火は、家を守るよき妻のつとめと言われてきた。
茶人の家では大晦日の夜、除夜釜をする。その夜は炉中の残り火に炭を継ぎ足して灰に
埋め、元朝早く掘り起こして大福茶の下火にする。
ともに今も出雲大社等に残る「火継ぎ」風習の名残りである。(大日本歳時記・冬)


「もう幾つ寝るとお正月」というあのわらべ唄と同じく、今年もあと指で数えられる
ほどの日を残すようになったという思いの籠った季題の句である。







2010-12 049



1年間お付き合いを賜り誠に有り難う御座いました。
どうぞよいお年を・・・・・。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012-10-31(Wed)16:01 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。