こころ花のビタミン絵・美・詞

自然の美しさも、造形作品の美しさも、人間の心を安らかに慰め、洗い清め、励まし力づけてくれる親しさがあります。だからこそ人間は美にあこがれ美を愛するのでしょうか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

立ち止まるゆとり

芸術にふれ、美しい風景のなかへ出かけ、
きれいな空気を胸いっぱいに吸いましょう。
日々の暮らしに忙殺され、たましいが誤作動を
起こさないためにも、人間にとってふと立ち止まる
ゆとりは絶対に必要なのです。

                                   「いのちが危ない」 江原啓之


2010-4 002


2010-4 003


2010-4 005


2010-4 009


2010-4 015


2010-4 016


2010-4 012


2010-4 017


「花と風」
花はなぜ美しいのか、咲き散りかつ甦る、繰返す命の象徴であり、繰返しの一度
一度が新鮮だからであろう。
「花は咲き」「花は散る」のであり咲かねば散らず、散らねば又咲くこともない。

西行法師に
 「春風の 花を散らすと 見る夢は さめても胸の さわぐなりけり」
という和歌がある。
西行は桜の歌人、吉野山の歌人として有名であり、先の歌は「夢の中の落花」という
題を出されて作った題詠である。
桜の花のぞっとするほどの美しさがその落花時のすがたにあることをこれほど魅力的
に詠んだ歌も少ないのではないか。

花を「花」たらせるものが「花」の他にあるとすればそれは花を咲かせるものでなく
却ってもののみごとに花を吹き散らすもの、即ち「風」であろう。
日本文化の伝統のシンボルは「花」だけでは成り立たない。今一つ「風」の意味を
考える事で充足すると思われる。「花」は「風」に誘われてほころび「風」は「花」
を散らして甦りの新しさを用意する。互いにせめぎ合うことなく「花」と「風」とが
交互に”繰返し”露れて時空の綾を永遠に織り続けるのである。

永遠という縦糸と刹那という横糸の交叉する花時はとりわけ身にしみて有り難く思わ
れる。すべてに感謝、ありがとう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。