こころ花のビタミン絵・美・詞

自然の美しさも、造形作品の美しさも、人間の心を安らかに慰め、洗い清め、励まし力づけてくれる親しさがあります。だからこそ人間は美にあこがれ美を愛するのでしょうか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

心の上

虚空の如くなる
心の上において
種々の風情を色どる

                        (西行法師)



2010-7 002

短冊 「蕪村の句」 梶原嫦人
「朝がほや 一輪深き 渕の色」




2010-7 003

「朝顔絵大皿」 山川 巌 (陶芸) H 4.5×W 31.5





2010-7 001

「海の植物」 原 希実子 (パステル) 45×28




「朝顔について」
7月の半ばに梅雨が明けると、不思議なものでこの花の顔を、それも朝早く
見てみたいという気になる。
その朝顔をもとめる人で、7月6日から8日まで3日間開かれる入谷は鬼子
母神境内の朝顔市は朝早くから賑わう。
この辺りは江戸時代から朝顔園の多かった所で、朝顔市の歴史も江戸末期に
さかのぼる。現在では江戸川や葛飾の業者が朝顔を並べている。
7月上旬の東京はまだ梅雨空の事も多いが、朝早く浴衣がけで朝顔を求める
姿に夏の盛りが近いことを覚える風物詩の一つである。

朝顔はその種の一粒が、一頭の牛の値段に匹敵するというところから牽牛子と
呼ばれ、貴重な薬用植物として中国から平安時代初期に招来された。
その朝顔は、後に観賞用として明け早い夏の朝のすがすがしい風情をもたらす
ものとして、なくてはならない花となる。
花暦では旧暦7月の七夕の頃の花といわれ、牽牛子(けにごし)という古名と
七夕の牽牛星(けんぎゅうせい)と重ねて、牽牛花(けんぎゅうか)の別名も
ある。



山上憶良が「万葉集」に残した秋の七草の歌では、萩の花、尾花、葛の花、撫子、
女郎花、藤袴、朝顔の花を七草としているが、現在では朝顔のかわりに桔梗を
入れて七草とするのが普通となっている。
奈良時代から平安時代にかけて、朝咲いて夕方にしぼむ花はすべて「朝顔」と
呼ばれた。木槿も桔梗も、ほかの花も「朝顔」であった。
平安時代初期に中国から薬草の牽牛子がもたらされ、これも木槿や桔梗と並んで
「朝顔」と呼ばれたが、中、後期には朝顔といえば牽牛花をさすようになった。
(朝顔の文化史・西山松之助)



この説にしたがえば、牽牛花と呼ばれた花こそ今の朝顔であり、憶良の「朝顔」
は今の朝顔ではないことは確かである。

その朝顔を詠んだ名句を揚げる

   朝がほや 一輪深き 渕の色   (与謝蕪村)


今回は、あえて白花の朝顔絵大皿を掲載致しました。
「渕の色」に染めて頂くために・・・

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。